【バインドに強い!】パズドラの学園白雪姫の使い道はこれ!

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


パズドラの新学期ガチャ限定の

モンスター、白雪姫

名物部長とありますが、どういう意味で

名物となっているのでしょうか?笑

当たりすぎ名物になっているとか?笑

学園ガチャでは銀の卵で排出されるので

あまり良い強い印象がありませんが

実際のところ、覚醒スキルはなかなか

優秀であり、スキルもバインド対策に

役立つモンスターです!

今回は、占い師の名物部長・白雪姫の

使い道について解説していきます!

スポンサーリンク

■ ステータス解説

pazgakensirayukihime

名前 占い師の名物部長・白雪姫
主/副属性 水/水
タイプ 体力/神
覚醒 水ドロップ強化

バインド耐性×2

バインド回復

スキルブースト

水属性強化

スキル バインド状態を2ターン回復。敵1体に99の固定ダメージ。
Lスキル 体力と神タイプのHPと攻撃力が1.5倍。
最大HP 2851
最大攻撃力 863
最大回復力 522
コスト 16

体力と神の2つのタイプを持つ

モンスター。

主属性、副属性共に水属性です。

ステータスは攻撃力を除いて

全体的に高めですね。

コストが低い割にステータスは

高いと思います。

覚醒スキルは、水ドロップ強化、

バインド耐性、バインド回復、

水属性強化など一通りのものが

揃っています!

特に、バインドに対しては耐性と回復の

両方を持つのでかなり強力ですね!

スキルはバインド状態を2ターン回復し

敵1体に99の固定ダメージです。

自身はバインドされないため

バインド回復スキルは使いやすく、

固定ダメージスキルもたまドラや

ダブルリット系といった高防御で

低耐久のモンスターに効果的です!

最短で4ターンになりますね。

スキルレベルが上がれば、

よりバインドに強くなるので

できればスキルレベルも上げたいです。

pazyaminoryukensi

スキル素材は私立パズドラ学園の

孤高のヤンキー・闇の龍剣士

なっています。

イベント期間中にスキルレベルも

最大まで上げておくと良いですね!

Lスキルは体力と神タイプの

HPと攻撃力が1.5倍になります。

倍率はかなり低いですが、初心者さんが

序盤の攻略に使うことは可能です。

他に代わるモンスターを入手するまでは

使うと良いでしょう。

pazkinguawarin

キングアワりん

pazkuronotatoru

クロノタートルなどは相性が良いので

サブにオススメです!

■ サブとして使うなら

サブでは覚醒スキルを活かして

水属性パーティで使いましょう。

特に、バインドに対しては

かなり強いので、バインド対策として

サブに使うことをオススメします!

  • 相性の良いリーダー

pazpuresiosu

氷塊龍・デプスプレシオス

Lスキルは水属性の攻撃力と回復力が

2倍になります。

初期モンスターのプレシオスですが

サブに白雪姫を使うことで回復力を

補うことができ、バインド対策にも

なるので相性は良いです!

初心者さんには特にオススメですね!

pazkkarin

覚醒カリン

Lスキルは水、木、闇、回復の中から

3色同時攻撃で攻撃力が3.5倍。

水木闇属性の敵から受けるダメージを

30%減少です。

覚醒カリンはバインド耐性がなく

バインド対策に使えます!

また、白雪姫には水属性強化も

持っているので相性は良いですよ!

paztkdoraandoromeda

アンドロメダ

Lスキルは水を4個以上つなげると

攻撃力が上昇、最大5倍です。

白雪姫の水属性強化が役に立ち

バインド対策にもなるので

こちらもオススメですよ!

■ まとめ:バインド対策にサブで使える!!

学園白雪姫はスキル、覚醒スキル共に

バインドに対してかなり強いです!

Lスキルも初心者さんなら序盤の

攻略に使うことができますね!

コストが低いので誰でも

使いやすいところも特徴です!

サブではバインド対策に大いに

役立つので、入手した方は水パの

バインド要員としてサブに

使いましょう!!

以上、参考になれば嬉しいです。

■ 他のモンスターも解説しております!

【サブで超活躍!】パズドラの学園赤ずきんの使い道はこれ!

【上級者向き!】パズドラの学園カーリーの使い道はこれ!

【超高火力!】究極パズドラの学園アテナの使い道はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。