【水パのサブに!】パズドラのサダルメリクの使い道を徹底解説!

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
nend広告 記事タイトルした
アンダーバー


パズドラのレアガチャに登場した

「機導龍」シリーズの1体、

深海機導龍・サダルメリク

水パで大活躍ができると

話題となっているモンスターですが

その総合的なステータスの方は

どうなのでしょうか。

今回は、この

深海機導龍・サダルメリクの

使い道を徹底解説していきます!

スポンサーリンク

■ ステータス解説

pazsadrmrk

名前 深海機導龍・サダルメリク
主/副属性 水/水
タイプ マシン/ドラゴン
覚醒 バインド耐性×2

スキルブースト

水属性強化×2

スキル 最上段横1列を水ドロップに変化。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。
Lスキル マシンタイプの攻撃力と回復力が2倍。スキル使用時、水属性の攻撃力が1.5倍。
最大HP 3393
最大攻撃力 1435
最大回復力 73
コスト 20

マシンとドラゴンの2つのタイプを

持つモンスター。

主属性、副属性共に水属性です。

ステータスは他の機導龍と同じく

HPと攻撃力が高く

回復力は低めです。

覚醒スキルはバインド耐性が2つ

あるので100バインドされず、

水属性強化も2つと最低限必要な

スキルが揃っていますね。

スキルは最上段横1列を

水ドロップに変化させる効果です。

このスキルだけで列強化の

条件を満たせる強力な

ドロップ供給スキルです。

おまけに味方のスキルターンも

1ターン分溜まります。

スキルターンも最短で8ターン

効果の割には短いので

スキル上げもしておきたいです。

pazgyena

スキル上げ素材は

水の機甲龍・ギェナー

水と闇の機甲龍のボスドロップとして

入手することができます。

リーダースキルはマシンタイプの

攻撃力と回復力が2倍となり

スキル使用時に水属性の攻撃力が

1.5倍となります。

HPと攻撃力が上昇するモンスターを

助っ人に使えば安定したパーティを

作ることができます。

ただ、現状ではマシンタイプの

水属性モンスターはまだまだ

数が少ないのでサブモンスターを

揃えるのが難しいです。

無課金で入手できるのは

pazrejeronte

音楽龍・レジェロンテ

【水パにオススメ?】パズドラのレジェロンテの使い道とは?

pazmizugarru

蒼の機神将・マールミズガルズ

の2体がステータス的にも

使えるモンスターですね。

ただ、現状ではやはり厳しいので

マシンタイプを多く所持している

方を除いてはサブで使うのが

メインとなるでしょう。

■ サブでの使い道

サブでは水パで使うのが

覚醒スキルとスキルの関係上

オススメです。

サダルメリク単体で列強化と

ドロップ供給の2つを

併せ持つので水パでは

非常に頼りになることでしょう。

ぶっちゃけ水パならどこでも

大活躍できますが(笑)

pazandoro

中でもスキルと相性が非常に良い

アンドロメダのパーティに

使うのが最も効果的かと思います。

サダルメリクのスキルで

確実の条件を満たせるので

ここぞという時に高火力を

叩き出すことができますね。

pazaooden

また、究極青オーディンがいれば

水属性強化による火力が

大幅に上昇するのでこちらも

相性は良いですよ。

【水属性最強?】パズドラの究極青オーディンの使い道を徹底解説!

水パで使って他のモンスターを

サポートしましょう。

ただ、回復力は非常に低いので

他のモンスターで補うのを

忘れずに。

■ まとめ:水パのサブで大活躍できるモンスター!!

サダルメリクの覚醒スキルと

スキルは水パで大いに役立つ

物が揃っています。

水パのサブに使うことで

大活躍ができる

優秀なモンスターです。

現状、リーダーとして使うには

厳しいですが、今後マシンタイプが

増えれば使える機会もでてくると

思います。

高いポテンシャルを秘めている

ことには間違いないので

入手した方はぜひとも強化を

進めておくことをオススメします!!

参考になれば嬉しいです。

■ 他のモンスターも解説しております!

【火パで大活躍!】パズドラの機導龍トゥバンの使い道はこれだ!

【闇パで大活躍!】パズドラの究極ペルセポネ(木)の使い道とは

【超強力アタッカー!】パズドラのサツキの使い道はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

フィング記事下広告パズドラ
nend 記事下
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。