【絶対負けない!】アスファルト8の攻略に必須のテクニック

as8logo22
当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


どんなにマシンが良くても

プレイヤーの技量が低ければ

意味がないですよね。

今回はアスファルト8を攻略するなら

必ず知っておきたい重要な

テクニックについて解説していきます!

スポンサーリンク

■ 素早いドリフト

as8kouryaku (5)

ドリフトを行うと急カーブも

曲がれますが反面、ドリフト中

ハンドルを切り続けると

減速していきます。

ドリフトによる減速を抑えるには

ドリフトして曲がったらすぐに

ニトロを使うことです。

素早くドリフトとニトロの操作を

行うことでクイックイッと

曲がることができ減速も

最小限に抑えられます。

特に、セクター8のらせん状の

カーブなどの急カーブでは

常にドリフトで曲がると

大きく減速してしまいます。

そこでドリフトで減速してきたら

ニトロで一旦マシンの向きを前に

立て直し、またすぐにドリフトを

入力することで、終始ドリフト状態で

曲がるより、減速を抑えられます。

言葉だけだといまいちピンと

来ないかもしれませんがドリフトで

マシンの向きが進行方向に向いたら

ニトロを入力する感じで操作すれば

できると思います。

■ 直線でもドリフト

ドリフト中はニトロが少しずつ

溜まることを利用したテクニック。

as8kouryaku (3)

直線でドリフトへ移行し、そのまま

左右交互に小刻みにハンドル

切ることで直線でも減速を抑えながら

ニトロを溜めることができます。

Ford-150やRenault Dezirなどの

ニトロ性能が高いマシン

使うなら、必ずできるようになりたい

テクニックです。

また、ゲートドリフトの攻略でも

必須のテクニックとなります。

どんなマシンであっても

単にドリフトするだけなので

誰でも簡単にできます。

ただ、マルチプレイではラグの

影響によるライバルマシンとの

接触の危険があるので、周囲の状況に

気をつけながらドリフトしましょう。

■ パーフェクトランを目指せ!

as8kouryaku

パーフェクトランは壁や

ガードレールなどに激突せず

20秒間走り続けられると

発生します。

パーフェクトランによって

ニトロも補充できるのでタイムを

縮めるなら非常に重要なポイントです。

ライバルをノックダウンさせることは

パーフェクトランの判定には

影響しないようなので倒せるときは

積極的に狙っていっても大丈夫です。

かと言って、左右にふらついて

壁に激突などしないよう

十分気をつけましょう。

個人的に、中国とヴェネチア

カーブが多かったり道が狭いので

パーフェクトランを取り続けるのが

難しいと思います。

こればかりは何度も走って感覚を

身に付けていくしかないですね。

■ ニアミスとトラフィックダウンについて

普通なら一般車両はクラッシュの

危険のある迷惑極まりない存在ですが

少しでも速く走りたいなら一般車両の

ニアミスでニトロを補充することも

重要になってきます。

as8kouryaku

一般車両の近く(大体1車線ぐらい)を

走り抜けることでニアミスが発生します。

as8kouryaku (2)

トラフィックダウンは一般車両と

接触すると発生しますが

こちらはクラッシュの危険が

非常に高いので狙ってやるのは

リスクが大きすぎます。

基本的に、狙うのは

ニアミスにしましょう。

個人的に、ニアミスが

重要なコースはニトロの補充箇所が

少ないモナコだと思います。

as8kouryaku (8)

特に、このあたりではニトロがないので

ニアミスによるニトロ補充は重要です。

■ まとめ

アスファルト8はマシン性能も

重要ですが、一番重要なのは

プレイヤーの技量です。

どんなに良いマシンを

使っていても上手に走れなくては

もったいないですよね。

ソロプレイならマシン性能さえあれば

どうにかなることも多いですが

マシンの性能差が比較的小さい

マルチプレイでは超重要です。

これらのテクニックを

ぜひとも活用させてレースに

勝利していきましょう!!

参考になれば嬉しいです。

アスファルト8を攻略するのにおすすめの車は?初心者編

マシン選択も一緒にチェック!

 アスファルト8のマルチプレイで連勝する!レース攻略編

マルチプレイの攻略法も合わせてどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】