【アスファルト8】バレルロールを使いこなしてトップを目指せ!

IMG_1303
当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


フラットスピンに並ぶ

超重要なテクニック、バレルロール

車が華麗にローリングする姿は

なかなかシュールです。笑

今回は、そんなバレルロールの

やり方とコツを紹介していきます!

スポンサーリンク

■ バレルロールのやり方

バレルロールのやり方

そのものは超簡単です。

IMG_1297

ねじれたジャンプ台の上を

走り抜けるだけで勝手に

バレルロールへ移行してくれます。

私が、アスファルト8を

始めたばかりのときいつまでたっても

フラットスピンしかできずに

悩んでいました。笑

フラットスピンと違ってジャンプ台の

上を走る時にドリフトの動作は

必要ないのでスピードを維持しつつ

飛ぶことができます。

バレルロールもフラットスピンと

同じように1回転でニトロを

3分の1程補充できます。

バレルロールのメリット

  • 減速を最小限に抑えられる
  • 横幅を取らない
  • 回転中の操作もしやすい
  • 着地の際、減速しにくい

この4つだと思います。

バレルロールは横幅を取らないため

フラットスピンより壁と接触する

危険が少ないです。

そのため、ライバルと接触する

危険も低いので着地も

比較的安定します。

着地の際、ライバルマシンを

踏みつけてもマシンの向きは正面に

向いたままですのでフラットスピンより

減速のリスクは少ないです。

一方のデメリット

  • フラットスピンよりやりづらい
  • フラットスピンよりできるところが少ない
  • 着地のタイミングによってはクラッシュ確定

この3つだと思いますね。

バレルロールは走っているだけで

できるのが利点ですが判定が微妙に

シビアで上手くできないことも

よくあります。

また、高さが足りないとマシンが

逆さまの状態で地面に接触して

クラッシュすることもあります。笑

コツとしては、ジャンプ台の

高い方に向かって走り抜けるように

調節すると安定してバレルロールが

できると思います。

IMG_1296

画像の、赤の矢印あたりを

目安に進むと良いです。

回転不足、回転しすぎによる着地の

クラッシュは運も絡んでくるので

こればかりは仕方ないです。笑

個人的に、着地先との

高低差が大きいと着地の際に

クラッシュしやすい感じがします。

ちなみに、普通のジャンプ台でも

バレルロールはできます。

(狙って出すのは、ほぼムリですが・・・)

IMG_1295 IMG_1292

飛ぶ直前にジャンプ台を踏み外すと

稀にできます。

メリットは殆どないので

できたらラッキーと

思っていただければ良いです。

(スクショを撮るのが大変だった・・・笑)

■ 要注意ジャンプ台

  • チャイナ(グレートウォール)の一部のジャンプ台

IMG_1291 IMG_1301 IMG_1300

特に、このあたりにあるジャンプ台です。

着地先の高低差が大きいので

余分な回転が発生するor回転が足りない

ということが良くあります。

ここはフラットスピンで

飛んだほうが安全だと思いますね。

(個人的な主観ですが)

  • サンディエゴハーバー

IMG_1299

ここを内側(右寄り)で

飛んでしまうと高さが足りずに

先の建物の壁に激突します。

ここはできるだけ高く

飛ぶようにしましょう。

フラットスピンだと着地の時に

段差の影響でバランスを

崩すこともあるのでバレルロールで

進んだほうが良い気がします。

■ まとめ

バレルロールはフレットスピンよりも

スピーディに決まることが多いので

トップスピードを維持しやすいです。

ただ、ジャンプ台の場所や

状況によっては難しいことも

あるので、フラットスピンと

使い分けるようにしましょう。

バレルロールもしっかり決めて

勝利を掴みましょう!!

参考になれば嬉しいです。

【アスファルト8】フラットスピンを華麗に決めて勝利を掴め!

フラットスピンのコツも

一緒にチェック!

【絶対負けない!】アスファルト8の攻略に必須のテクニック

さらにアスファルト8を

極めたい方はこちらもチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】