【メルスト】シエースの使い道!非常に優秀な前衛!

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル

スポンサーリンク

フィング広告(記事タイトル下サムネ+テキスト広告
nend広告 記事タイトルした
アンダーバー


メルストの光属性★3

ユニットの1人、シエース

彼は本編のストーリーでも登場した

カッコイイ騎士さんです!笑

前衛としてはタフネスが高く

かなり優秀なユニットですよ!!

今回は、このシエースのキャラ設定や

使い道などを徹底解説していきます!


スポンサーリンク

[義光の騎士] シエース ★3 光属性

■ キャラクター解説

merusutosiesu (1)

騎士団に所属する青年。

ぱっと見、無愛想な感じのようにも

見えますが、実際はそこまで

冷徹な性格ではなく、ただ口数が

少ないだけです。笑

本編ストーリーでは主人公と

ラーテルの試験監督的な役で

登場しましたね。

その後のトラブルにも迅速に対応し

敵モンスターの進行を阻止するべく

奮闘します。

内に秘めた強さは確かなものです。

そんなこんなで、欠点がないようにも

見えますが、パンがかなり好きなようで

いったん目に止まるとそわそわして

落ち着きがなくります。

パンで簡単に釣られてしまいそうな

感じがして心配です。笑

ただ、取り乱すことはないのが

さすがは騎士といったところですね。笑

■ ステータス解説

merusutosiesu (3)

槍を戦う突撃型の前衛ユニット。

同時攻撃数は1体ですが2段の

多段攻撃です。

属性補正は闇に140%、光に100%

他の属性は全て90%

初期HP 2350 初期攻撃力 2350
最大HP 4935 最大攻撃力 4935
覚醒HP 8835 覚醒攻撃力 8835

レベル最大(50)でHP・攻撃力共に

5000近くとバランスが良いです。

また、突撃型のユニットとしては

タフネスもかなり高めであり

壁役として活躍できます!

騎士の意地ってやつですね。笑

耐久面をルーンでカバーできれば

前衛をシエースだけにすることも

十分可能ですね!

同時攻撃数は1体ですが多段攻撃なので

クエストでも攻撃にムダが

生じづらいため使いやすいです。

攻撃間隔も悪くないですね。

総合的に見ても非常にバランスの良い

前衛ユニットであるため、クエストや

ギルバト、ボス戦などあらゆる局面に

対応できます!

突撃ユニットとしては移動速度が

若干遅いですが、後衛の位置を

バックキャンセルで調節すれば

飛び出しを防げるので、そこまで

問題ではないです。

成長タイプは晩成です。

汎用性に優れた前衛なので

覚醒させれば光パ主力の前衛として

活躍することができますね!

覚醒ランクも積極的に上げることを

オススメします!

★3なので覚醒ランクを上げるのに

そこまで苦労しないのもメリットです。

■ おすすめルーン装備

前衛の中でも壁役として使うのが

オススメなので、ルーンでは

長所の耐久力を上げておきたいです。

最低限、ライフルーン

必ず装備させましょう。

覚醒させたら、属性ガード

ゼネラルガードを付けていき

さらに耐久力を底上げすると

良いです。

タフネスルーンはのけぞりが

気になるような場合に装備すると

良いです。

元々、タフネスは高いので

高難易度のクエストでない限りは

そうそうノックバックすることも

ないでしょう。

また、もしタフネスルーンを

付けるならエンデュアルーン

一緒に装備することをオススメします。

高めのタフネスがさらに伸びるため

残りHP1で耐えられる可能性も

高いです。

■ まとめ:バランスの取れrた優秀な前衛ユニット!

シエールはほぼ全てのステータスが

バランス良く、使い勝手は

非常に良いユニットです!!

特に、タフネスが高いので

壁役としても役立ち、覚醒させて

HPを伸ばせばさらに安定性が

高まります!

総じて★3前衛の中ではかなり優秀な

ユニットと言えるので、入手した方は

ぜひとも強化・覚醒させて

大活躍させましょう!!

以上、参考になれば嬉しいです。

■ 他のユニットも解説しております!

【メルスト】タルトレード(進化後)の使い道はこれだ!

【★3中衛!】メルストのカレンを大活躍させる使い道!

【メルスト】エイシーの使い道はこれ!素早さを活かすべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

フィング記事下広告パズドラ
nend 記事下
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。