【木分岐】パズドラの超究極サクヤの使い道はこう!

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル

スポンサーリンク

フィング広告(記事タイトル下サムネ+テキスト広告
nend広告 記事タイトルした
アンダーバー


パズドラの人気モンスター「サクヤ」

サクヤにはいくつかの派生型や

究極分岐もありますが、こちらは

超究極の木属性サクヤです。

転生サクヤの使い道についてはこちら

現状では、転生サクヤの方が能力的に

優れている点が多いため、やや不遇な

扱いを受けている木サクヤですが、

決して弱い訳ではありません。

今回は、そんな超究極進化後の

翠輝星の麒麟・サクヤの使い道について

徹底解説していきます!

スポンサーリンク

■ ステータス解説

pazsakuya

pazsakuyak

名前 翠輝星の麒麟・サクヤ
主/副属性 光/木
タイプ 神/体力/ドラゴン
覚醒 光ドロップ強化×2

お邪魔耐性

暗闇耐性

スキル封印耐性

スキルブースト

操作時間延長

毒耐性

2体攻撃

スキル 敵のHPを20%減らす。
Lスキル 火、水、木、光で同時攻撃をする時、攻撃力が5倍。スキル使用時、神タイプの攻撃力がほんの少し上昇。
最大HP 4028
最大攻撃力 1470
最大回復力 384
コスト 45

神、体力、ドラゴンの3つのタイプを

持つモンスター。

ステータスはHPと攻撃力が上昇し

バランスが良くなりました!

覚醒スキルは、お邪魔、暗闇、毒の

3つの耐性があり、他にも封印耐性や

光ドロップ強化など、様々なスキルが

揃っています。

各耐性は1個だけ(20%の耐性)なので

頼りない感じですが、他のモンスターと

組み合わせれば強固な耐性となります。

スキルは、変わらず敵のHPを20%

減少させる割合ダメージです。

使い道は少ないですが、根性持ちの

敵の攻略する際には役に立ちます。

また、ターン数も最短で9ターンと

短いので、スキルレベルを上げれば

複数回使用することも可能です。

スキル素材はファガンです。

聖獣達の楽園で入手できますが

ダンジョンの難易度がかなり高いので、

スキル上げは大変です。

長い目で見て少しずつスキルレベルを

上げていきましょう。

リーダースキルは火、水、木、光の

同時攻撃で攻撃力が5倍。

スキル使用時に神タイプの攻撃力が

1.5倍となります。

優秀なLスキルなので、リーダーでも

十分活躍することができますよ!

ただ、後から追加された転生サクヤの

Lスキルと比べて攻撃力の倍率が低く

神タイプが必要になるのが難点です。

リーダーメインで使いたいなら

転生サクヤに究極進化させた方が

良いでしょう。

■ リーダーとして使うなら

リーダーとして使うならパーティを

神タイプで統一したいところです。

バランスが崩れるほど無理に組む

必要はありませんが、スキル使用時の

火力アップを活かすなら神タイプの

モンスターを使いたいです。

また、パーティ全体の

スキルレベルを上げておくことで

スキルの使用回数も増やせます。

基本的には、進化前と同じように

同時攻撃をメインに考えつつ

神タイプも可能な範囲で使っていく

感じで問題ありません。

■ サブでの使い道

サブでは、副属性が

木になったことで多色パでも

使いやすくなりましたね。

転生サクヤと違って、こちらのサクヤは

体力タイプとドラゴンタイプなので

タイプの違いを活かしたいところです。

また、覚醒スキルには光ドロップ強化が

2つあるので、パーティの火力アップに

役立ちます!

光属性パーティなら多くのパーティで

使うことができるため、自分のパーティに

合った使い道を選択しましょう。

■ まとめ:安定性の高い優秀なモンスター!

サクヤは超究極進化によって

汎用性がさらに高くなりました!

正当強化といった感じですね!

覚醒スキルに各種耐性があるので

安定性にも優れています!

Lスキルの条件はやや難しいものの

十分活躍が見込める能力ですよ!

ただ、現状では転生サクヤの方が

能力的に優れている点が多いので

まだ究極進化させていない場合には

覚醒サクヤから転生サクヤに

進化させることをオススメしますね。

【最大20倍!】転生サクヤの使い道はこう!

以上、参考になれば嬉しいです。

■ 他のモンスターも解説しております!

【多色パの救世主!】パズドラの究極闇カーリーの使い道とは?

【火パのサブに!】パズドラの覚醒レイランの使い道を徹底解説!

【優れた汎用性!】パズドラの転生ハクの使い道を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

フィング記事下広告パズドラ
nend 記事下
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。