【パズドラ攻略】エンハンス系の効果について徹底解説!

pazlogo
当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


いまいち効果の仕組みがわかりにくい

エンハンス系の効果

上手く使えばダンジョン攻略が

非常に楽になります。

今回は、このエンハンス系の効果に

ついて詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

■ エンハンスとは何か

特定のタイプや属性の攻撃力などを

数ターン上昇させるという

スキル効果のことを指します。

(回復力を上昇させる効果もあります。)

IMG_2040pazenhansu1

エンハンスのスキルを使うと

画面右上に上昇する対象と

残りターン数が表示されます。

スキル名にエンハンスと

入っていなくても、能力上昇系の

スキルであれば同じエンハンス系の

スキルです。

例えば、爆炎龍のマグマブレス

スキル名にエンハンスとはありませんが

2ターンの間、火属性の攻撃力を

少し上昇とあるので、これも

エンハンス効果として扱われます。

別の例で、アメノウズメの

スキル効果に回復力が上昇する効果も

ありますがこれもエンハンスとして

扱われます。

■ エンハンス効果は重複するのか

エンハンスの効果は

リーダースキルとは重複できます。

しかし大事なのは、

エンハンス系のスキル同士では

効果を重複(重ねがけ)できない

ということです。

エンハンス系の効果を続けて使うと

先に発動しているエンハンス効果は

後から発動したエンハンスの

効果に上書きされます。

pazenhansu1

例えば、先にアメノウズメのスキルで

回復力が上昇しているとします。

pazenhansu2

しかし、この後にマグマブレスを

使ってしまうと回復力上昇の効果は

無くなり、火属性の攻撃力上昇に

上書きされます。

そのためエンハンス系のスキルを

使うときはできるだけ、前に使った

エンハンスの効果を使い切ってから

発動した方が無駄なくエンハンス効果を

活用できます。

注意として、エンハンス効果に

追加効果がある場合、その追加効果が

使える状態でないと上書き以前に

スキルを使用することができません。

上記の例ではアメノウズメの

バインド回復効果がそれに当たります。

先にマグマブレスを使っていた場合

ウズメのスキルで上書きするには

パーティの誰かがバインド状態にないと

スキルを使うことができません。

パーティにエンハンス効果を持つ

モンスターが2体以上いる場合には

十分に注意しましょう。

不安な方は無限回路で実際に試し

確認することをオススメします。

■ エンハンス効果の対象

基本的に、エンハンス効果は

特定のタイプ又は属性が対象となります。

特定のタイプを対象とする場合は

対象となるタイプが副タイプであっても

その効果を受けることができます。

例えば、攻撃エンハンスを使った場合

副タイプが攻撃タイプのモンスター

究極アテナなど)でも

その効果の対象になります。

注意したいのが、

属性を対象としたエンハンス効果です。

属性のエンハンス効果は

副属性に対象の属性がある場合

その副属性の攻撃だけが上昇します。

例えば、アースエンハンス

木属性のモンスターの攻撃力を

上昇させると究極アテナ

(主属性=光、副属性=木)の場合は

木属性の攻撃分のみに

エンハンス効果がかかり

光属性の攻撃力には影響しません。

(逆に、主属性と副属性共に

木属性の場合は2つの攻撃に

エンハンス効果がかかります。)

そのため、属性を対象とする

エンハンス効果はできるだけ

主属性を対象に含んだエンハンス

使った方が効果的に攻撃力を

上昇させられます。

属性のエンハンス効果を使う場合は

パーティモンスターの主属性にも

気をつけましょう。

■ まとめ

このようにエンハンスの中でも

連続での使用や属性を対象とした

エンハンス効果は仕組みが

結構分かりづらいので、この点は

十分注意したいです。

エンハンスは敵に大きなダメージを

与えられるチャンスを作れるので

その仕様をしっかり判断して

上手く活用させていきましょう!

参考になれば嬉しいです。

■ モンスターごとの解説も紹介しております!

【パズドラ】御三家の一つ爆炎龍グランティラノスを使いこなす

【パズドラ】究極アメノウズメを活用させる使い道を紹介!

【強すぎ!】パズドラの呂布はこうして使う!その活用術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。