【メルスト】リュシアンの使い道はこう!初心者向けの回復要員

merusutoryusian-2
当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


メルストの水属性★2

ユニットの1人、リュシアン

彼はイベントクエスト

「少年マドモワゼルと卵の中で見る夢」

で登場したキャラクターですね!

リュシアンは回復ユニットであり

初心者さんにとっては即戦力として

使えるユニットです。

今回は、このリュシアンのキャラ設定や

使い道などを徹底解説していきます!

スポンサーリンク

[狭間の惑い子] リュシアン ★2 水属性

■ キャラクター解説

merusutoryusian-1

サクレー神学校に通っている

リュシアン。

人見知りが激しく、ちょっとした

ことでも戸惑ってしまいますが

本当は優しい性格な男の子です。

さすがにジェシカさんの前では

恥ずかしさを隠せない様子。笑

聖歌隊に所属しており、輝石祭で

聖歌を歌う役を担っています。

とは異なり、戦闘は得意ではないため

回復職を専門としているようです。

友人関係も恵まれておりフィリベールや

マティス、ランソニーなど素晴らしい

人達が集まっています。

羨ましい。笑

そんなリュシアン君ですが

ふとしたきっかけで黒の卵を拾い

夢の世界に引き込まれてしまいます。

レテネーブルや羽無しコウモリとも

そこで出会いました。

大人リュシアンはカッコいい!笑

ただ、あまりに素敵な夢であるために

学業にも支障が出始めてしまいます。

あの騒動の中でも、フィリベールと

同様に影響を強く受けてしまいました。

しかし、母の強い思いもあり、

自分がいるべき場所を見つけ

無事に戻ってこれました。

夢の世界に引き込まれそうになるのは

1回目の国イベントのコゼット

経験したこととも少し似ていますね。

ともあれ、男の子でも可愛らしく

夢の中の大人姿はカッコいいと、

一人で二倍楽しめる大変素晴らしい

キャラクターですよ!笑

■ ステータス解説

merusutoryusian-3

教典で戦う回復ユニット。

同時攻撃数は2体です。

属性補正は水に120%風に110%

他は全て100%となっています。

初期HP 1010 初期攻撃力 1510
最大HP 2020 最大攻撃力 3020
覚醒HP 3895 覚醒攻撃力 5870

レベル最大(40)で攻撃力3000ほどと

同時攻撃数が2体の回復役としては

そこそこの攻撃力です。

リーチは160と長いので

ボスモンスターなどの攻撃範囲が長い

モンスターを相手にしても安全な

位置から攻撃することができます。

攻撃間隔は平均並みといった感じです。

単発攻撃なので攻撃も単純であるため、

使い勝手は良いですね。

初心者さんにとっては即戦力の

回復要員として役立つことでしょう。

同時攻撃数が2体なので、前衛が2体の

パーティ編成で使うと良いですよ!

成長タイプは平均です。

長期的に見ると能力的にやや厳しく

後々、進化開放もあるので

覚醒ランクは無理に上げる必要は

ありません。

スカウトで代わりとなる回復ユニットを

入手するまでは、リュシアンを

回復役に使うことをオススメします!

■ おすすめルーン装備

回復ユニットなのでルーンでは

まず攻撃力と攻撃間隔を

補いたいところです。

基本的にはアタックルーン

クイックルーンのどちらかを

装備させましょう。

覚醒ランクが上がっているなら

2つとも装備したいです。

★2なので覚醒ランクが上がっても

最大で3つまでしかルーンを

装備できません。

覚醒ランクが上がってスロットが

3つになったら、ガッツルーン

装備して初期Gutsを上げることを

オススメします!

■ まとめ:初心者でも使いやすい回復ユニット!

リュシアンは★2の回復ユニットとしては

バランスが良く、初心者さんでも

安心して使うことができます!

★2のイベントユニットなので

長い目で見るとやや厳しいですが

初心者さんであれば即戦力として

使えます!

同時攻撃数が2体なので前衛が2体の

編成に入れましょう!

使い勝手は良いユニットなので

スカウトで代わりとなる回復ユニットを

入手するまでは、リュシアンを

使うことをオススメします!

母のマルスリーヌのキャラ解説や使い道はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。