【使いやすい中衛!】メルストのメティエの使い道はこれだ!

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
nend広告 記事タイトルした
アンダーバー


メルストのイベントクエスト

「碧翼の海賊と大海の雛鳥」で

登場した、メティエ

セオドアと同じくイベントでは

大活躍したキャラクターですね!

そんなメティエもついに進化が

開放されました!!

今回は、この進化したメティエの

キャラ設定や使い道について

徹底解説していきます!

(進化条件はレベル50以上の

★3メティエが参加しているパーティで

「碧翼の海賊と大海の雛鳥」謎の島、

譲れないもの、ディンプシオンが

出現するクエストをクリアすることで

一定確率で進化します。)


スポンサーリンク

[暴医の副船長] メティエ ★4 闇属性

■ キャラクター解説

mermetelie (3)

mermetelie (5)

海賊団の船医であり、副船長でもある

メティエ。

進化するとイラストの雰囲気が

金ピカにつつまれ、まるで別人に。笑

性格もたんきで、暴医という名称は

メティエの性格を端的に

表していますね。笑

趣味にダーツとある通り投げナイフで

戦いますが技量も非常に高く

頭の上に乗せたものを打ち抜くぐらいは

簡単にできるようです。

メティエは船医ですが、回復魔法を

使うことができない通常の医師です。

それゆえ、働き口が少ないという

現実に直面した苦労人でもあります。

メルストの世界も厳しいですね。涙

進化後のストーリーでは

なぜ医者になったのか、その経緯について

ちょこっと語られています。

小さい頃に世話になった人とは

誰なのでしょうか。

もしかしたら今後追加される

ユニットに登場するかもしれませんね。

■ ステータス解説

  • 進化前

mermetelie (2)

初期HP 1700 初期攻撃力 2100
最大HP 3230 最大攻撃力 3990
覚醒HP 5555 覚醒攻撃力 6840
  • 進化後

mermetelie (4)

初期HP 2130 初期攻撃力 2590
最大HP 4047 最大攻撃力 4921
覚醒HP 6447 覚醒攻撃力 7846

投擲短剣で戦う突撃の中衛ユニット

同時攻撃数は1体です。

進化することでリーチを含めて

全てのステータスが向上しますが

依然として中衛ユニットなので

扱いはやや難しいです。

特に、耐久面は敵の攻撃を

ギリギリ1回耐えられるかどうか

という微妙な数値です。

リーチと耐久面からギルバトには

向いていないユニットと言えます。

攻撃力自体は同時攻撃数が1体の

★4としては若干低めですが

攻撃間隔が非常に短く

手数で補うことができます。

また、移動速度も中衛の中では高く

クエストの高速周回にも

向いています。

総じてクエスト向きのユニットと

言えますね。

中衛の編成ボーナスも上手く

活用させていきたいです。

成長タイプは早熟なので使うなら

進化させてから使った方が

良いでしょう。

イベントユニットはステータス的にも

やや厳しいので覚醒ランクは

無理に上げなくても良いです。

■ おすすめルーン装備

中衛ユニットなのでアタックルーン

装備して火力を底上げすることを

オススメします。

クエストの高速周回に使うなら

スピードルーンを付けましょう。

覚醒させてスロットが増えたら

クイックルーン属性ルーン

装備してさらに攻撃性能を

上げると良いです。

前衛がやられてしまった時の

保険としてライフルーンを

付けるのもアリです。

■ まとめ:シンプルな中衛ユニット!!

メティエは中衛という扱いづらい

ユニットとなりますが 攻撃間隔は

非常に短くアタッカーとして

優れたユニットです。

中衛ユニットは編成ボーナスの

恩恵も大きいのでクエストでは

十分役に立つユニットです!

クエスト攻略用の闇属性パーティで

使うと良いでしょう。

メティエを進化させて

クエストを攻略しましょう!

参考になれば嬉しいです。

【素早い前衛!】メルストの進化したセオドアの使い道はこれだ!

同イベントのセオドアの

使い道も解説しております!

■ 他のユニットも解説しております!

【使い勝手は悪くない!】メルストのシージェの使い道はこれだ!

【使いやすい!】メルストのシャオリンの使い道はこれだ!

【超強力な弓手!】メルストのソレルの使い道はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

フィング記事下広告パズドラ
nend 記事下
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。