メルストのダイヤバックのやり方はこう!課金派なら絶対狙うべき!

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
nend広告 記事タイトルした
アンダーバー


ダイヤバックとは、ダイヤスカウトで

すでに15覚醒済みのユニットが

当たった場合に、ダイヤが1体につき

4個戻ってくる仕組みです。

課金アイテムであるダイヤが

戻ってくるという仕組みは

他のスマホゲームを見ても珍しい

メルスト独自の仕様です!

課金してダイヤスカウトを定期的に

利用する方であれば、ダイヤの

消費を大きく抑えることができるので

必ず準備をしておきましょう!

今回は、このダイヤバック機能の

仕組みや、そのやり方について

分かりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

ダイヤバックのやり方

merusutodaiyabaku (1)

ダイヤバックで重要になるのは

事前に最大覚醒(15覚醒)済みの

★2ユニットをどれだけ集められるか

という点です。

ダイヤスカウトでは★2が出現する

割合も大きいため、15覚醒済みの

ユニットを複数体作ることができれば

それだけダイヤバックの対象となる

確率が高くなります!

例えば、10連ダイヤスカウトを引いたと

仮定して、15覚醒済みのユニットが

2体当たった場合、ダイヤバックは

8個となります。

最初はたったの8個ですが、

これを6回繰り返し、各回15覚醒済みの

ユニットが2体ずつ当たったとすると、

ダイヤは全部で48個戻ってくる

計算になります。

つまり、何が言いたいかというと

ダイヤバックを使うのと使わないのでは

長期的に見るとダイヤの消費量に

大きな差が出てくるということです。

そのため、ちょくちょく課金して

ダイヤスカウトを引くのであれば

ダイヤの消費を抑えるため、

ダイヤバックを活用させることには

大きな意味があるのです!

15覚醒の★2ユニットを作る

merusutodaiyabaku (6)

15覚醒済みのユニットを沢山作るには

まず、ゴルドスカウトで★2を集めて

なおかつ覚醒させる必要があります。

レア以上確定スカウトであれば

1回で★2を9体~10体ほど、まとめて

入手できるため、まずはこれを使って

とにかく★2ユニットを覚醒させます。

そして、その準備としてゴルドを

大量に集める必要があります。

IMG_0885gorudokuesuto

ただ、短期間で一気にゴルドを

集めるには、土日クエストで

元気の水やトトの呼び鈴を

フルに使ってもかなり厳しいです。

そのため、毎日少しずつ貯めて

ゴルドスカウトを引いていき

★2ユニットを覚醒させましょう。

mersutosukauto (2)

★2ユニットを手っ取り早く集めるには

レア以上確定ゴルドスカウト

良いですが、通常のゴルドスカウトでも

★2は入手できます。

ただ、何度もゴルドスカウトを

引くのは非常に面倒なので

時間がない方にはオススメできません。

一応、実際にどちらが★2を効率良く

集められるか検証してみました。

レア以上確定スカウトの場合、

200,000ゴールドで

★2ユニットを10体入手できます。

(稀に★3、★4が出ますが最低でも

★2は9体ほど入手できます。)

一方、ゴルドスカウトは10連で

2,000ゴルド使うので、

同じ200,000ゴルドでも

10連を100回引けます。

私自身、ゴルドスカウトの10連を

100回引きましたが、入手できた

★2ユニットの数は12体でした。

その後、もう100回引きましたが

その時は★2ユニットは11体出ました。

ぶっちゃけた話、★2だけを集めるなら

ゴルドスカウトの方が若干お得です。

ゴルド効率の面でみると

ゴルドスカウトの方が良いですが

10連ゴルドスカウトを100回引くのに

約30分程かかるため精神的に

オススメできません。笑

また、レア以上確定スカウトでないと

出現しない★2ユニットもいるので

★2ユニットを隅々まで15覚醒にする

場合には、レア以上確定スカウトで

★2ユニットを集めましょう。

覚醒の書で★2を覚醒させる

merusutodaiyabaku (3)

基本は、ゴルドスカウトで15覚醒まで

進めることをオススメしますが

ある程度、覚醒が進んだら覚醒の書

覚醒ランクを上げるのもアリです。

merusutodaiyabaku (4)

★2の覚醒の書は1個メダル50枚なので

メダルに余裕のある方は、覚醒の書を

交換して、一気に上げてしまうのも

方法の1つですね。

余裕があれば★3も15覚醒させると

良いですが、★3を15覚醒させるのは

メダルの消費量が半端ではないので

初めは★2ユニットを覚醒させましょう。

ダイヤスカウトを引く

merusutodaiyabaku (5)

15覚醒したユニットが十分に

集まったらダイヤスカウトを

引きましょう。

ダイヤスカウトは入手したユニット

1体あたり、メダルも20枚ずつ

入手できるため、これを再び覚醒の書と

交換して15覚醒のユニットを増やすと

効果的です。

ダイヤバックを準備する際の注意点

merusutoreberuikusei1

15覚醒させるためには

大量のゴルドが必要になるので

あまりにスカウトを回しすぎると

ユニットを強化するための

ゴルドがなくなってしまいます。

また、メダルも★2の覚醒の書に

使ってしまうので、メダルにも

余裕がありません。

そのため、ユニットの育成途中の方

無理にダイヤバックの

準備をしない方が良いです。

曜日クエストの周回といった

ある程度、安定したパーティが

作れていない方は先にパーティの

育成に力を入れましょう。

merusutotaikidaiyabakku

また、15覚醒済みのユニットを

待機させてしまうと、待機制限により

覚醒ランクが10まで引き下げられます。

待機機能の仕様についてはこちら

再度、覚醒させる余裕があるのであれば

問題ありませんが、せっかく上げた

覚醒ランクがもったいないので

ダイヤバック用のユニットは

待機させないでおきましょう。

また、一度ダイヤバック用のユニットを

作ると、なかなか待機させづらいため

所持ユニットの枠を圧迫する恐れが

あります。

ダイヤバックのユニットを作るのは

良いですが、所持ユニットの上限数には

十分注意しましょう。

まとめ:課金するのであればやっておくべき!

ダイヤバックはダイヤスカウトでの

ダイヤ消費を大きく抑えることが

できるため、ダイヤスカウトを

定期的に利用する人であれば

ぜひとも活用させたい機能です!

準備には大量のゴルドとメダルが

必要になりますが、この2つは

メルストをプレイしていれば

自然に溜まっていきます。

しかし、ダイヤは課金しないと

数が集まらない貴重なアイテムなので

ダイヤバックでその消費を節約できる

というのは非常に大きな利点です。

目的のダイヤスカウトが登場してから

一から準備するのでは間に合わないので

必要であれば、早いうちに準備を

進めておくことをオススメします!

ダイヤバックを活用させて

メルストを一層楽しみましょう!!

以上、参考になれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

フィング記事下広告パズドラ
nend 記事下
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメント

  1. カザニさん愛用者 より:

    アンテルのことを検索してたらたどり着きました♪♪

    一般的に「弱い」と言われがちなユニット達にも使い道を示していて、優しさが溢れてますね(;´д⊂)
    性能だけではない、キャラ愛が感じられて凄い嬉しいです(・∀・)

    ダイヤバックと関係ないコメントですみませんm(_ _;)m

    • めぐみ より:

      コメントありがとうございます!
      いえいえ!別に関係ないコメントでも大活躍ですよ!笑
      喜んで頂き、大変嬉しいです!!

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。