【メルスト攻略】ギルドバトルはこうして勝つ!そのコツとは?

mergirubatoaac
当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


メンバーとの連携が欠かさない

ギルドバトル

ギルドバトルで勝つのなら

ある程度他のギルドメンバーとの

連携も重要となりますね。

今回は実際にギルバトで勝利するために

最低限必要なことを紹介します!

スポンサーリンク

前回の基礎知識編はこちら

ギルドバトルの基礎編!

ギルドバトルの実践編!

■ メンバーとの連携は必要か?

結論から言うと、高レート帯の

ギルバトではない限りメンバーと

連携しなくてもある程度

勝つことができます。

中にはメンバーが殆どいなくても

1位を取るギルドもあります。

ただし、Sリーグ以上

ギルドバトルで勝利するには

やはり連携は重要になってきますね。

特に、コンボは高レートの

ギルバトでは必須なので本気で

連勝し続けるならメンバーと

しっかり相談しましょう。

今回紹介する攻略法はあくまで

個人的な意見なので各ギルドごとに

戦略が指定されている場合は

そちらの指示に合わせていきましょう。

■ 応援と祈りのタイミング

応援と祈りのタイミングは

超重要です。

(効果等は前回解説したので

ここでは割愛します。)

応援は、できれば夕までに

使っておき、祈りはギルドバトル

開始直後に使うと無駄がないです。

特に、出撃が多くなるのは

夜のギルバトなので、基本的には

夜のギルバトが始まったら

すぐに祈りを使いましょう。

※追記

アップデートでギルバトは朝昼夕ごとに

中間報酬も獲得できるようになったので

必ずしも夜にバトルが集中するとは

限らなくなりました。

ギルドのレートを上げるのではなく

単にメダル目的だけなら中間報酬を

狙いに朝昼夕だけ1位を狙う戦法でも

良いので、そこは各ギルドごとの

方針次第ですね。

また、祈りの効果についても

夕方に100%なら夜の開始時には

50%と、祈り効果の半分は部を

またいで引き継がれるようになった

ので、夜以外の部で祈ることも

戦略の1つになりました。

■ 出撃は夜に行う

朝や昼に出撃してポイントを

稼ぐのも良いですが

夜のギルドバトルで逆転されてしまう

ケースが多いです。

所持しているGPが多いほど

争奪ptの割合が増加してしまうので

早い段階でGPを稼いると逆に

不利になる場合があります。

(これが夜に出撃が多くなる理由ですね)

基本的に、出撃は夜に行いましょう。

ただ、メンバーと協力して祈りを

重ねられるなら昼までにGPを稼ぎ

後は祈りで敵からGPを奪われるのを

防ぐという戦略も取れるので

そこはメンバーと要相談ですね。

■ 防衛シードの編成は?

こちらはギルマス・サブギルマス

以外は変更できませんが基本的に

全属性バランス良く配置した方が

相手に対策されづらいので使う

防衛シードもしっかり考えましょう。

後から出すモンスターほど

強力になるのでその点も考慮して

組み合わせると良いでしょう。

できるだけリーチの長い

モンスターの方が相手を

苦戦させられるのでおすすめです。

mergirubatomogi

また、防衛シード設定の画面の

右下にある演習ボタンから模擬戦が

できるのでこちらも活用して

自分の防衛シードの長所や短所を

見つけましょう。

■ ログのバトル履歴をチェック!

敵の動きを知るには

欠かせないバトル履歴

朝から応援を重ねているギルドは

夕、夜のギルバトで一気に

攻めてくる確率が高いです。

また、どのギルドが祈りを

重ねているのかもチェックして

現状で攻めやすいギルドは

どこなのかも分かります。

ギルバトで勝利するには相手の動きも

しっかりチェックしましょう。

■ まとめ

ここに載せた方法を試すだけでも

ある程度はギルドバトルで

勝利することができると思います。

Aリーグまでなら十分対応できるので

これから本格的にギルドバトルを

始めたい方でも、これらの行動が

できれば大丈夫ですよ。

ギルドバトルで勝利して

報酬をゲットしましょう!

参考になれば嬉しいです。

■ 他の攻略記事も一緒にどうぞ!

【メルスト攻略】メダルを簡単かつ確実に集める方法とは?

【3つのコツ】メルストの暴走モンスターの仕組みと攻略法とは?

【超貴重!】メルストのレアメダルの使い道と集め方を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。