【メルスト初心者攻略】ギルドバトルの戦い方を理解せよ!

ギルバトアイキャッチ
当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


メンバーとの協力が大切な

ギルドバトル

ギルバトで勝つためには

その戦い方を知っていなくては

意味がありません。

今回は実践でどのような行動をするのか

詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

■ 誰でも戦力になれる

ギルバト応援祈り

ギルバトでは、単純に相手の

ギルドに攻め込む以外にも

応援と祈りの2つの方法で

サポートが行えます。

そのため、

「パーティが弱いから、相手のギルドに攻め込めない・・・」

という初心者さんでも、

決して戦力にならないことはないです。

応援は1回、BPを25消費することで

ギルドバトル開始時の

初期SPの値を200上昇させる

ことができます。

初期SP増加の効果はその日の

最後のギルドバトル(夜)まで持続し

重ねがけも可能です。

ギルドバトルは癒力アップが

無いため初期SPは非常に重要です。

たとえバトル自体ができなくても

応援を数回行うだけでも

十分助けとなりますよ。

もう一つのサポート、祈りですが

こちらは1回、BPを15消費して

防衛シードの体力と攻撃力を

2%上昇させることができます。

重ねがけは可能ですが

効果の持続時間は使用時から30分間

つまり、ギルバト1回分のみの

効果となります。

そのため祈りは、ギルドバトルが

始まったら、すぐに使うことを

オススメします。

ちなみに、祈りは朝昼夕夜の各部で

効果が蓄積されますが

部をまたぐと半減します。

(例えば、夕終了時に祈り(防衛)が

100%なら夜は50%からスタート)

1回の効果はたったの2%ですが

味方の防衛シードの体力が増えれば

相手が攻め込んできても簡単には

やられなくなるので時間稼ぎ

することができます。

クリアされるまでの時間が

伸びれば、ギルバト時間内に

クリアできる回数も減る事になるので

結果的に奪われるGPを

抑えることができます。

ちなみに、応援と祈りだけでも

僅かにGPが獲得できます。

■ 相手のギルドに攻め込む

IMG_1545

パーティに自信が持てるようになったら

出撃にも挑戦していきましょう。

ギルバト難易度

初めて相手のギルドに攻撃を

仕掛けに行く場合は難易度はふつう

選択することをオススメします。

最初は相手の防衛シードの

構成がわからないので

迂闊に難易度を上げると危険です。

基本的に、相手の防衛シードは

ボス級のモンスターが出てくるので

前衛のHPには十分注意しましょう。

途中でSPを補充することが

難しいのでSPの配分が重要です。

IMG_1547

個人的に、クエスト開始直後は

前衛と回復ユニットのGutsを上げて

防御面を強化することをオススメします。

SPの無駄使いは避けたいのでユニットが

退却させられないようにしましょう。

前衛ユニットの回復が十分に

追いつくようになったら

シードモンスターを使ったり

後衛ユニットのGutsを上げて

攻撃面を強化していけば比較的安全に

クリアできると思います。

相手の防衛シードは後に出現する

モンスターほど強力になるので

適宜Gutsを上げて対応して行くと

良いです。

■ まとめ

基本的にギルドバトル中の行動は

  • 相手のギルドに出撃
  • 応援でサポート
  • 祈りでサポート
  • ギルド救援から救援ユニットを送る

の、4つがメインとなります。

初心者さんはまず、応援と祈り

使いこなせるように何度か

試してみることをオススメします。

ただし、各ギルドによってどのように

行動していくか指定されることも

あるので事前に必ずギルドメモや

ギルドログを確認しておきましょう。

ギルドバトルの戦い方をしっかり理解して

積極的に挑戦していきましょう!

参考になれば嬉しいです。

ギルバトで勝利するための

コツも紹介しております!

【メルスト攻略】ギルドバトルはこうして勝つ!そのコツとは?

■ 他の攻略記事も一緒にどうぞ!

【3つのコツ】メルストの暴走モンスターの仕組みと攻略法とは?

【メルスト攻略】タフネスとは何か?その具体的な効果を解説!

【意外と知らない】メルストの編成ボーナスの活用方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。