【コスト制限で使える?】パズドラのミケニャドラの使い道とは?

当サイトオススメの記事はこれ!
【アド広告】 記事タイトル下

スポンサーリンク

フィング広告(テキストサムネ)
アンダーバー


パズドラに新たに登場したダンジョン「木の猫龍」

このダンジョンのボスドロップとして、ミケニャドラが入手できます。

スキル上げ素材として使えますが、それ以外に使い道は何もないのでしょうか。

今回は、この木の猫龍のステータス解説と使い道を紹介していきます!

スポンサーリンク

■ ステータス解説

paznekoryu

名前 木の猫龍・ミケニャドラ
主/副属性
タイプ ドラゴン
覚醒 スキルブースト

木ドロップ強化

スキル 1ターンの間、自分の属性が火属性に変化。1ターンの間、攻撃タイプの攻撃力が1.5倍。
Lスキル HP50%以下で、木属性の攻撃力が3倍。HPが0になる攻撃を受けてもふんばることがある。
最大HP 2430
最大攻撃力 1243
最大回復力 182
コスト 12

ドラゴンタイプ、木属性のモンスター。

ステータスはあくまでも

コスト相応の数値といった感じです。

ただ、HPと攻撃力は

比較的高い方だと思いますね。

覚醒スキルは、スキルブーストと

木属性強化の2つだけですが

ないよりかはマシといった感じです。

スキルは1ターンの間

自分の属性が火属性に変化

攻撃タイプの攻撃力が1.5倍になる

エンハンス効果も付きます。

ただし、ミケニャドラ自身は

ドラゴンタイプなので

効果を受けることができません。

勘違いしないように。

同じスキルを持つモンスターは

pazkureimoa

両刃剣の勇士・クレイモア

pazkopisu

曲刃剣の勇士・コピス

と、この2体ですね。

どちらも攻撃タイプなので

彼らの方がエンハンス効果を

効果的に使えるでしょう。

初期10ターンですが、

最短3ターン

非常に短くなりますね。

リーダスキルはHP50%以下で

木属性の攻撃力3倍に加えて、

根性の効果があります。

コストの割には高火力を出せるので

木属性で統一させれば

コスト制限ダンジョンの

攻略に役立つかもしれません。

■ 主な使い道

基本的には、他の猫龍と同じく

スキル上げ素材として

使うことになるでしょう。

両刃剣の勇士・クレイモア

曲刃剣の勇士・コピス

の2体を持っている方は

スキル上げに使うと良いです。

ただ、スキル上げ以外にも

コストの低さを活かして

コスト制限ダンジョンでも

使うことが出来るでしょう。

スキルで攻撃タイプの

攻撃力を上げられるので

同コストのデーモン系とは

相性が良いです。

paztauroudemon

同じ木属性のタウロスデーモン

一緒に使えば尚、効果的です。

また、木の猫龍自体のスキルレベルを

上げることでエンハンス効果の

回転率が上昇し実用性が上がります。

コスト制限ダンジョンを

本気で攻略するなら強化する

価値は十分あると思いますよ。

■ まとめ:基本はスキル上げ!ただ、普通に使うことも可能!

木の猫龍は回復力を除いた

ステータスは比較的高いので

意外と普通に使うこともできます。

対象モンスターを持っていない方は

強化してコスト制限ダンジョンで

使うと良いかもしれません。

個人的には、十分使っていける

良いモンスターだと思うので

ぜひとも売却しないで

使ってあげましょう!笑

参考になれば嬉しいです。

■ 他のモンスターも解説しております!

【本当に弱い?】パズドラの水の猫龍の使い道を徹底解説!

【スキル上げ素材?】パズドラの火の猫龍の使い道を徹底解説!

【超絶高コスト!】パズドラのリファイブの使い道を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事下アド広告
 

スポンサーリンク

広告パズドラ
 
関連記事も一緒にどうぞ!

【関連記事はこちら!】

コメントを頂けると嬉しいです!

メールアドレスが公開されることはありません。